斉藤たかねのチャレンジ日誌



漁師の斉藤たかねが議員生活を送っています。住んでいて誇れる街つくりをしてゆきます。
また 写真家 斉藤たかねもよろしく
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
戸が壊れた

菅総裁が誕生しましたね。
ちょっと すっきりはしないのは 何故なのかな。
新しい時代に沿った 新総裁に期待しましょう。
会見を見ていると「蔵の扉が開かない!」と 言ってきました。
では 直しましょう。
さて どう 直しましょう。
なにぶ古いもので 関東大震災の後に 建てられた 質素な 蔵であります。
戸車が 一つない。
ホームセンターに 買いに行きました。
同じ戸車は 売っていませんでした。
無くなった 戸車を 探しました。
蔵の中で 見つかりました。
もう 100年近くになるのでしょうか。
見つかった戸車は 動きます。
油をあげて 腐った扉の部分を 新しい木と置き換え 設置
我ながら うまくいった と思ったのですが いざ 戸をはめようとした時 もう一つの 戸車が 転げ落ちました。
古い釘で 打ち付けてあったので 釘が腐って ポロリと 落ちました。
戸車の釘穴に錆びた釘が 取れません。
金槌でたたくと 戸車が 2つに 割れてしまいました。
仕方なく 溶接機を セットし 鋳物の戸車を 溶接しようと 始めました。
(とっぷりと 日が暮れてしまいました。)
鋳物は 溶接できますね。
しかし こんなに古い 鋳物の 戸車は 珍しいですね。
なんとか 夜になり 無事 扉を 閉めることが出来ました。
| - | 20:34 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする