斉藤たかねのチャレンジ日誌



漁師の斉藤たかねが議員生活を送っています。住んでいて誇れる街つくりをしてゆきます。
また 写真家 斉藤たかねもよろしく
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
アサヒカメラ休刊!

突然 ニュースが入って来ました。
カメラ雑誌「アサヒカメラ」が ついに休刊となるようです。
議員になる前までは とにかく 月例で1位をとるまではと 頑張って 投稿してきました。
ちょうど 同時期に 木更津から常連の方がお二人いらっしゃいました。
IMさんと Tさんでした。
おふたかたはとても センスのいい写真を 撮られてかないません。
そのうち 知り合いのプロカメラマンは 編集部の方に 聞かれたようです。
「木更津から 3人 コンスタントに 入賞している方々がいますが 同じサークルでしょうか。」
「いえ たかねさんは 一人で 頑張っています。」
そして 議員になるために 投稿をやめて しばらくたつと
「たかねさんは 最近 投稿が 無いようですけど どうしたのかしら」と聞かれたそうです。
「そう 彼はね 市議会議員に なって しばらく 辞めているようですよ。」と 答えてくれたようです。
銀塩カメラ全盛の頃 アサヒカメラは 中古カメラ情報が もっとも 多く 載せられていて 買えない高級機の値段を見ていました。
しかし 銀塩カメラは 35ミリであれば 安くても 高級機と同じ画質を出すことは 可能でありますので 買える程度の中古のカメラで頑張りました。
後に 町の写真屋さんのウインドウに飾ってあった新品の 日本の最高級機を 頂いたのですが ・・・・いただけるんなら もうちょっと早く いただければ・・・・今でも 防湿庫の中心に 鎮座しております。
そんな 夢を乗せた アサヒカメラは 写真雑誌の中で もっとも好きな 本でありまして なぜかというと
土門拳先生の写真が もっとも 似合う雑誌だったからで あります。
さて 議長も 終わったし たまには 月例でも応募してみようか と 思っていた矢先のことです。
残念で なりません。
| - | 21:04 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする