斉藤たかねのチャレンジ日誌



漁師の斉藤たかねが議員生活を送っています。住んでいて誇れる街つくりをしてゆきます。
また 写真家 斉藤たかねもよろしく
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
関係者が

茶色の水は この港に隣接して 建設が進んでいる 施設の敷地から 流れ出たものです。
市の都市部は 建設の許認可を担っていますが こんなにも 盛土を認めて 流れ出ても何も監督はしていないのでしょうか。
私たちは 漁業に携わる人々の意見を 行政の 経済部に 言うしか 方法はありません。
都市部は流れ出る予見をしなければならないと思います。
予見は 文字のとおり あらかじめです。
一度 盛土を行っている時に業者に 申し入れて バキュームを連れて来てくれと進言しました。業者は対応してくれましたが 
再び 次の業者が盛り土の上に また 盛土を始めました。
再び 港流れ出ました。二度目の進言は「流れ出ない方策をとってから工事をしてくれ」方策をとってくれたのですが 3度目も流れ出ました。
「海に 色が着いていますが 土砂は そんなに 流れていないでしょう。」といった 重大性には 受け止めていないようです。
ただ「すいませんね」とは 言ってくれましたが それだけで 工事が 続くのは なんとも 海で生きている人間にとっては理解しがたいです。
わざわざ ブログに書いておくことは 関係者が 見てくれて 考えてくれれば いいのにな と思うからです。
だれか 関係者が 読んでくれないかな。
| - | 22:15 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする