斉藤たかねのチャレンジ日誌



漁師の斉藤たかねが議員生活を送っています。住んでいて誇れる街つくりをしてゆきます。
また 写真家 斉藤たかねもよろしく
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
更級日記

くろとの月 としか読めません。
この地は 水害に悩まされてきた地 であること。
それを この排水機場を建設したことにより 守られてきた。
これは 確かで 大雨が降ると 区の役員は この機場に 詰めて ポンプを操作する。
おかげで この機場が出来てから 水害は 起こっていない。
危機的だったのが 数年前の大雨で まだ 瓜倉のポンプ場が 出来ておらず 隣の中島の 水門が 停止してしまったときでありました。
そのときは 畔戸の水門のひとつが 開かずに 床下浸水が1軒起きてしまったのです。
それでも この機場がフル回転をして 他地域からの雨までを 搔き出してしまい 事なきを得ました。
元市の部長が ひょっこりと 現れて「どうだ その後は」
彼は これを建設した当時の 農林水産課の課長であったのです。
もう 30年も前のことであります。
「おかげで 大丈夫ですよね。」
「造ったときは 排水が アサリに 影響を与えないのか 慎重に 調べたのだ。」
「アサリがなくなった 原因は・・・・・・」
差し支えるので書きませんが こう理解をしてくれているとは。
| - | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.saitou-takane.com/trackback/1241393
トラックバック