斉藤たかねのチャレンジ日誌



漁師の斉藤たかねが議員生活を送っています。住んでいて誇れる街つくりをしてゆきます。
また 写真家 斉藤たかねもよろしく
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
待つ時間

今日の夕日は 恥ずかしそうに顔を隠しながら 隠れて行きました。
一日中 北風が 吹いていましたね。
これが 普通の 冬なんでしょう。
所要のため 法務局
(今日は 急ぐ必要もないことで ゆとりは ありましたが)
「手続きを 教えてください。」と たまたま 申請書類を 置きに来た 事務員さんに聞きました。
「はい これとこれに記入して 窓口に行って下さい。今は 15分から20分ほど お待ち願いますよ。」というので
「はい まだ 死ぬまでには時間が有りますので20分ぐらい 大丈夫ですよ。」
「あら そんな お客様ばかりだったら いいのですけどね。」
・・・・では そうでない お客さんが いるのかしら 
| - | 20:34 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
大寒に寄せて

 

議員活動が 忙しくなります。

視察があり
かずさ水道の議会も始まるし
3月議会は すぐそこ
今日は たぶん お正月最後の 海にいられる 一日に なりそうです。
朝から 風のない一日も 珍しいですね。
そして 大寒のこの日 温暖化が 如実に現れた日でしょう。
なんと 暑かった
温暖化は なんとしてでも 食い止めねばなりません。
今 私たちは 何をすべきでしょうか。
| - | 21:34 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
うなぎ?

さて 何の写真でしょうか。
うなぎではありません。
昨日 浜松のうなぎをタモリさんが やっていましたね。
なんで タモリさんは 知識が豊富なんでしょうね。
この 写真は ギンポです。
結構大きいですね。
一度だけ 食べたこがありますが 骨ばかりで 決して 美味しいとは 思いません。
どこか 羽田でしたっけ ギンポ料理を出す お店が TVでやっていましたね。
一度食べてみたいですね。
そして 今日は 「麒麟がくる」
とうとう始まりましたね。
昨年は オリンピックにちなんだ 昭和史でありましたが 主役が 騒がしいので 見ませんでした。
やはり 歴史ものはいいですね。
日本史を学んでいない 私にとっては 非常に楽しいですね。
私が 歴史を 学んだのは 先生が ロゼッタストーンの研究者であったことから ずっと チグリスユーフラテス川の 両岸のお話でした。
| - | 21:50 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
日中3度

車載温度計は3度を示し 今年 初めてのみぞれが 混じりました。
♪みぞれ〜まじりの〜春の宵
という唄もあります。
春の近さを 物語っています。
今日は 農協の役職員大会に参加
貴重な土曜日の午後 天気が こんなんで 良かったのか悪かったのか
午後には 上がる という 天気予報は 見事に裏切られて 夜まで降りましたね。
おおさぶ
| - | 21:15 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
阪神淡路大震災から25年

ちょっと 陸運局まで 
・・・木更津にあればよかったのにね。
書類の準備を たまには 金田出張所で
「あら 何のよう?」
同級生まで たむろっています。
袖ヶ浦まで行きました。
途中 ちょっと 立ち止まって写真を一枚。
陸運局で入り口を入ると 地元の 方が 「おお なんだ?」
と声をかけられました。
・・・・軽自動車の 名義変更です。
そして 朝日庁舎へ
「高根!」と 声をかけるものあり
・・・・なんと 小学生の時に 引っ越した 同級生
懐かしいですね。
昔話に 花が咲きまして
今日は 実に いろいろな場所で いろいろな 人に 出会いました。
そして 今日は 阪神淡路大震災から25年も経つのですね。
いまでも 鮮明に覚えています。
中継は 高速道路が 横倒しになった ヘリからのニュースが記憶にあります。
TVでは 倒壊した家屋に 閉じ込められた方を救助しようにも 火の手が迫ってきて助けることが出来なかったという。
救助を 求めた方は 火の手が迫ってきた時「もういい お前ら 行け」
すごい人ですね。
涙が出ました。
合掌
| - | 23:21 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
手入れされた田圃

私は アカデミアに向かう途中 よく この道を通ります。
アピタさんの前を通ると 混雑しているので この 回り道をしますが この道のほうが 速いです。
篤農家さんが 大勢いらっしゃるのかな
綺麗に あぜ草は 刈り取られ 秋田も耕されています。
典型的な 日本の原風景です。
よく 夕方は 煙が たなびいているときもあります。
(農業に必要な 焼却は 許されます。)
もっとも 誰が 許すとか 許さないとかではなく 農業に必要だから誰にも とがめることはできません。
のどかで 本当にいいと思います。
| - | 20:03 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
危機管理アドバイザー

千葉県南部の13市で構成される議長会の議員研修会
講師は 危機管理アドバイザーの 木更津市に住む 国崎さん
議会の災害時に於ける対応でありました。 例を挙げたが 挙げた例は まずいでしょう。
| - | 22:27 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
海の仕事

今日は 私は 空いているが 息子が 忙しいという。
「海苔取りをしてくれ あとを 追いかけて 俺は 高速酸処理船を 動かす」という。
こうして 2隻の船を 分かれて 操ると 効率的に ものすごくいい。
漁師に専念すれば こうすることが出来るのですが いかんせん 私の時間があればね。
でもこうして 今日は 朝から 海に出られましたけど 何日できるのかな。
摘採船も 同じような仕様ですが 1軒の家で 所有することは 大変なことです。
海苔が採れなくて困っている 現在 投資過多は 明白です。
だから 皆 海苔養殖は 諦めてしまうのです。
| - | 21:25 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
海のこと

さあ 連休も終わり
海にゆっくりと出られるのは 今日までか
今日なんか 携帯のない生活で とってもいいですね。
でもかかってきましたね。
海苔養殖を がんばっている方から
彼は 困ったことに直面すると 必ず 電話をくれる。
「どうしたら いいでしょうか?」と
返答に困ってしまいますね。
それほど みんなが 窮しています。
| - | 21:11 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
成人に寄せて

明日が 全国的に 成人の日であろう。
18歳で 成人と 言われるようになりましたね。
私が 20歳となった頃 自分では 世のなかのことが わかっているつもりでした。
しかし 今 20歳を 振り返ると 何もわかっていなかったことが わかる。
人生は 何年経っても 勉強です。
身内に 90歳を 越えた人が いました。
ある日 訪ねると 
「おお 高根か 残念ながら 目が 見えなくなってしまった。新聞を読むことが 唯一つの楽しみだったが 読めなくなってしまった。」
と 涙を流して そう 言った。
その後 しばらくして なくなってしまったが さぞかし 無念であったと思う。
目が見えて 音が聞こえて 充分に 幸せな今。
| - | 20:00 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP