斉藤たかねのチャレンジ日誌



漁師の斉藤たかねが議員生活を送っています。住んでいて誇れる街つくりをしてゆきます。
また 写真家 斉藤たかねもよろしく
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
金田の花火

金田地域交流センターの指定管理者 「三幸」の提供により 花火が打ち上げられました。
役職柄 事前に情報が 来ていましたが 「どうせなら もう少し 豪華に」と 思いましたが
これは 大変 難しく この地域では 警察の許可のみならず 羽田の 許可まで 必要となるので
この 最近 各地で 行なわれている ミニ花火大会は 許可不要で あげられる花火ということで
これ以上の 規模拡大は 難しいとのことでした。
でも 終わって 見物人から 拍手が 出まして よかったですね。
3密を防ぐ為 ということで 「内緒でね。」と言うことでしたが みんなが 「内緒だけど」 
と言う伝言が 広がり 小学校には連絡済み ということでしたので 多くの人が 見ることが 出来ましたね。
良かったね。
| - | 20:22 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
決算委員会終了

 

まるで 学童保育のような 大勢の 子供たち

 

議会から 帰ると たくさん 遊んでいました。

こうして 外で 遊ぶ風景は いいですね。

 

今日で 決算委員会が 終わりました。

「行政では 出来ないって 私費でやりなよ。」私のある提案についての当局の回答の感想を議員が言いました。

ほんとうに つれないね。

納得は しないけど とにかく 3日間の 委員会が 終わりました。

始まる前は ・・・はやく 終わらないかな と考えますが 必ず 終わるのですよね。

まして 年取って来ましたので あっという間に 時間が経ってしまいます。

 

ということは どんどん 年老いてゆくということです。

会議が長引いた時 その時間も 楽しむように 心に余裕を 持たないと あっという間に 死んでしまうかも

| - | 19:47 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
菅内閣発足

 

陸採が始まりました。

と言っても まだ はしり

しかし 今日は みなさん 海の共同仕事が 入ってしまい 私は 8時まで 現場にいることになりました。

 

幸い 少しだけでありましたので 良かったかな。

 

決算は 2日目です。

頑張らねばなりません。

「何故 この時期に 決算をするのか。新しい年度の 予算編成に 役立てる為なんですよ。」

・・・半分 合っていて 半分 違うような気がします。

でも 参考にして よりよい 市を作り上げてゆくこと でありますから いいでしょう。

 

帰りがけ

「あと 1日 頑張ってくださいね。」

と声をかけられました。

そう いわれると そうだねと 納得してしまいますね。

菅内閣に 頑張っていただきたい
| - | 18:00 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
決算委員会始まる

 

さあ いよいよ 陸採が始まります。

明日から 種付けをします。

今日は 海苔網を巻いて 準備です。

 

私は そそくさと 委員会へ

後ろ髪ですが 仕方ありませんね。

 

陽にあたる仕事が 面白いですが 委員会で 書類を 見ていると さあ 決算だ

オープニングは 任されて 総体的事項の質問

でも いいたいこともありますから

 

決算でも 市を良くしようという 心構えで 臨みたいですね。

コロナ対策で 議場での委員会も 次第に 慣れてきましたね。

 

さて 国から返還のあった 水道路 誰に聞けばいいのかな。

| - | 18:48 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
戸が壊れた

菅総裁が誕生しましたね。
ちょっと すっきりはしないのは 何故なのかな。
新しい時代に沿った 新総裁に期待しましょう。
会見を見ていると「蔵の扉が開かない!」と 言ってきました。
では 直しましょう。
さて どう 直しましょう。
なにぶ古いもので 関東大震災の後に 建てられた 質素な 蔵であります。
戸車が 一つない。
ホームセンターに 買いに行きました。
同じ戸車は 売っていませんでした。
無くなった 戸車を 探しました。
蔵の中で 見つかりました。
もう 100年近くになるのでしょうか。
見つかった戸車は 動きます。
油をあげて 腐った扉の部分を 新しい木と置き換え 設置
我ながら うまくいった と思ったのですが いざ 戸をはめようとした時 もう一つの 戸車が 転げ落ちました。
古い釘で 打ち付けてあったので 釘が腐って ポロリと 落ちました。
戸車の釘穴に錆びた釘が 取れません。
金槌でたたくと 戸車が 2つに 割れてしまいました。
仕方なく 溶接機を セットし 鋳物の戸車を 溶接しようと 始めました。
(とっぷりと 日が暮れてしまいました。)
鋳物は 溶接できますね。
しかし こんなに古い 鋳物の 戸車は 珍しいですね。
なんとか 夜になり 無事 扉を 閉めることが出来ました。
| - | 20:34 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
使えない新しい道

日中は 暑かったですけど ちょっと 過ごしやすかったですね。
車載温度計は 8月は 36度が 常でしたが 今日は 24度
10度も違うのですね。
トラクターの バッテリーを 充電しても セルモーターが 回りません。
とりあえず 急速充電器で セルスターターを使って 始動させたのですが 1時間ほど 畑を耕して 一旦止めたら また かかりません。
これは バッテリーが 寿命かな
ということで 日曜日ですから ホームセンターしか 売っていないでしょうね。
一番近い ホームセンターに 買いに行きました。
なんと コストコ前の信号から アクアライン入り口まで 渋滞
急ぎ 海岸道路に変更し 中島集落に入って 無事 到着
さて 帰りは どうしよう
今度は 逆に ベイシアの 東側から 南側を通って 金木橋交差点に すぐに 畔戸方面に入って 家に着きました。
道路整備しても その道は 地元民は 使えずに 昔の道を 通るだけ
誰の為の開発なのかな と思う 今日でした。
| - | 21:19 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
騒がしくなりましたね

昆虫たちにとって 雨は 大変ですね。
どうしているのだろうと 捜すと びしょぬれの ギンヤンマを見つけました。
ジッと 雨を耐えているように 見えます。
ゆっくりと 寝ていようと 朝寝坊を 決め込んで 6時過ぎ 起こされました。 
珍しく 中郷から お客様です。
彼と談義するのは 農業について
しばらく 談笑して 私は 袖ヶ浦に出かけました。
袖ヶ浦市議選が 10月4日 告示だそうです。
このコロナ禍で どうして 選挙戦を 戦うのでしょうか。
大変ですね。
噂されているのは その後に 衆議院議員選挙が あるかもしれないということ
富津市の市長選もありますね。
こちらは 昨日 事務所を 確認に行きました。
臨戦態勢は とっていますね。
そんな中 「来てくれたんだって」
「ああ」
でも こちらは無投票の公算が 大きいですけどね。
| - | 21:13 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
無力

 

いえね 盗撮ではありませんよ。

了解を得てから 撮影をします。立場上 きちんと 礼儀を守らないとね。

姿顔が特定できないように わざと 後ろ向きに立っていただいて 撮影をしました。

 

金田交流センターから 3キロほどのコンビ二であります。

何がって この自転車 見たことあります。

3月まで うまくたの里 に 用意されており レンタサイクルで 周りを楽しんでもらおうと 観光協会が 始めました。

 

でもね たぶん あまり 借りる人が いなかったのでしょうかね。

神奈川から来たという。

金田交流センターに 配置されてから どうなのかな と 思っていたところでしたが 3台も 借りられて

ありがとうございます。

 

そして 今日は 911ですね。

いつも 陸採の準備をしているのですが あの日も そうでした。

陸採が始まると 心が 燃えてくるのでしょうか。深い眠りにつけません。

偶然 夜中に TVをつけると 貿易センタービルに 飛行機が 突っ込みました。

・・・・面白い 映画をやっているな

と見ていたら 「中継」と出てきます。

もう一機 突っ込みました。

凄惨な

中継で これほど 凄惨な 報道が あったのでしょうか。

でも誰も 止められない

まぶたに 焼きつき 脳裏に刻まれています。

 

人が 人を 憎しみ合うことは たとえ 白人であっても 黒人であっても 宗教が違っても いけません。

人種が違っても 1国多民族間であっても イデオロギーが違っても 教育が違っても 仲良くしてください。

他人を否定してはいけません。

特に 今は 香港 そして チベット自治区 そして 昔の 竪琴の国

あまり 報道されませんが 詳細を知りたいですね。

報道は そんな 役目を持っていただきたいですね。正確に

そして 私は 何も出来ません。

無力な 私です。

「関係ねぇじゃないか」

「だけど」

なにか出来ますか

| - | 21:10 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
平穏がいい

 

オシロイバナを撮りましたが ちょうど1年前の夜

それどころではありませんでしたね。。

屋根のトタンは剥がれて かわらは 何枚も飛んでいて シャッターは 破壊され惨憺たるものでしたね。
海岸を 見回って 自分が被災していても 「頑張ってくださいね。」と声をかけてきました。
「おお 何とかしろよ。」
・・・なんとか してあげたいが 何をしてゆけばいいのか
夜になれば 自分のことだけになりますから エアコンがない 蒸し暑い夜を 迎えました。
車がいいかと思っても 窓が破壊されて 車内は 水浸し
縁台を並べて 横になりましたが 蚊がいっぱい
思い出したくないですね。
| - | 21:32 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
あの日から1年

 

ここは 小櫃川 河口ちょっと手前

民家も見えますね。

もっとも 危険な 堤防なんです。

川が 出ると 民家が 近いため 住民は 常に 避難を しています。

木更津市椿地域も 川が 民家に 迫っていますね。

どちらも 川が カーブしている外側なんです。

どうしても 抉り取られるように 削られてしまいます。

 

議会に向かうと 「ちょうど 一年経ったな。小櫃川の堤防の補強は どうなっている。」と地元から言われました。

たまたま 教育民生常任委員会に参加していましたが 急遽 千葉県の建設課に 出向きました。

「ここ一年は 復旧で 大変でしたから・・・」と 県職員の説明を受けました。

何度か来ているのですが 職員も 変わってしまいますので 最初から 説明を

・・・・やってくれるのかな

県議に 連絡をして 帰ってきました。

県議はすぐに 現場を 見に来てくれて ありがたいですね。

 

いかんせん 市議なので 市に言うと 「2級河川は ご存知のように 県の管理にありますから ・・・」

・・・要は 何も出来ないと言うことではないか

「せめて 県に 連絡だけ入れてくれよ。私が 出向くから。」

・・・市議だと 御願いするだけですから

「返事 いただけますか?」

「ま 現場を まず 見てからですね。」

・・・把握してない ということではないか

| - | 18:07 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP