斉藤たかねのチャレンジ日誌



漁師の斉藤たかねが議員生活を送っています。住んでいて誇れる街つくりをしてゆきます。
また 写真家 斉藤たかねもよろしく
CALENDAR
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
勉強会

雲の色が 綺麗でしょう。
日の出を 海から見られるのは 漁師の特権です。
しかし 代償は 早起きです。
いつまでたっても 朝 起きるのは 辛いですね。
議員の有志で「調整区域活性化研究会」を立ち上げ 第一回の勉強会を開きました。
集まっていただいた 議員は 調整区域に住んでいるか 勉強家の議員たちでありました。
市の職員が講師となり 活発な 意見が 出ましたね。
議会は 通常 挙手して指名されて 起立して 発言をしますが
「フリートークでもいいし 職員の方々は 反問権は御自由にお使いください。」
ちょっと 遠慮はしますね。
遠慮しないで どんどん 言ってくれればいいのになあ と 思いながら 聞いておりました。
居眠りなどでもってのほかですが こんな 身近なテーマでは 身体を乗り出すかのように 議論が行なわれました。
「職員も 議員も 木更津が良くなれば いい 共通の仕事でありますね。」
| - | 20:12 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
環境

まるで 漁師が 檻の中にいるみたいです。
張り巡らされた 網の中で 海苔養殖を 行なっています。
こうして 漁師さえ 漁場に入るには 防御網を 潜って 入るのです。
なんだか 時代が 変わりましたね。
東京湾では 海苔は 網を張っておけば 伸びて 採れた と言う時代は とうに 終わりました。
海水環境 大気環境 魚環境 様々な 条件が 変わってきています。
気温が 高くなると 海水温が 高くなる
海苔は 育ちにくくなる
南方の魚が 増えて来ました。
食害が 増えて来ました。
こんなことを 考えていると 区長さんから 連絡
問題 山積
どう 解決したらいいのでしょうかね。
| - | 18:38 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
木更津産米食味コンテスト

無事 審査が終わって 記念撮影です。
(私は 顔半分しか写っていませんでしたが 貴重な 体験をさせていただきました。)
迷いに迷った 審査員でありました。
香り 粘り 食味
最終審査に残った15検体は 炊き立てを 同時に 審査員の前に 運ばれてきます。
米分析鑑定コンクール国際大会に準じた方法で 審査員に 焚きたてを運んでくれる方々の きびきびした動きと 礼儀正しさに私たちのほうが 恐縮してしまうほどです。
順番をつける審査員は 実際 行なって 大変さが わかりました。
先ず 香りをかぎます。ひとつづつ パックをあけると 香りが鼻に飛び込んできます。
次に 色艶を見比べます。
15品を 30分で 審査しなければならない プレッシャーは強いものが ありました。
最後に すこしづつ 口に運びます。
一人 3品を選ぶのですが 
私は 最初の1番が気になり 最後まで 残しておきました。残り14品と比べる為です。
結局 1番と そのほか2品を 選びました。
結果は 1番が 大賞と言う事で ほっと 胸をなでおろしました。
| - | 21:14 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
嵐のフェスの風船

 

息子が 沢山拾って来ました。

海苔網の防御ネットに いっぱい 絡んでいると。

 

もう 30年近くの昔になります。

私は 連合子供会育成会の会長をしていました。

「会長は 私と同じ 海苔漁師です。昨今 環境問題で いろいろと 騒がれていますが 代々 風船を飛ばして 子ども会を元気   付けて 来ましたが 風船は 魚たちが 誤食をしたり 海苔網について 絡んで 海苔の加工の大問題となっています。従って 風船飛ばしは やめましょう。ね 会長。」

と海苔漁師に言われました。

「そうだね 海苔の返品問題が ありますし みんなで 考えましょう。」ということで 以降 風船飛ばしはなくなりました。
時折 浦安にある 東京なんとかの 風船が 飛んできます。
今になると 例えば 海がめが 餌のくらげと間違えて 食べてしまうとか 騒がれていますね。
今日は 事実だけ 書いておきますね。

 

| - | 18:17 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
朝日の前に

核兵器廃止に向けて 昨日の予測どおりとなりましたね。
核兵器のない 平和な世界
無理でしょうかね。
そんな ことを気にかけながら 夜明け前の海に出ます。
やはり 早朝は 気持ちいいですね。
春の星座 北斗七星が昇ってきます。
冬の星座が 出番を前に 張り切っています。
せっかくの日曜日なので 海に頑張ろうと思います。
| - | 21:02 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
核兵器禁止条約批准まで

平和で穏やかな一日でしたね。
国連で 批准まであと1カ国
たぶん 核兵器を持たないどこかの国が賛成をしてくれて 遠くない将来 批准までこぎつけることが出来ると思います。
国は アメリカの核保有を是として核の傘の下で 日本が 生きて行くことで この批准には動きません。
私が 小学生の時 学校の図書室に 広島の原爆投下直後の生々しい写真集が 置かれていました。
すでに ぼろぼろになっていましたが 子供心に「悲惨な 爆弾」と 思いました。
人類は 3度と使ってはいけないものです。
広島に落として 更に 長崎に落とします?
日本が仲間になって 批准してくれたら いいのにな
| - | 19:49 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
区画整理は誰の為

息子が 漁協役員の為に 海に出られません。
来客が 2つ 予定されています。
4時起床
まだ暗い
しかし 潮は まだ 残っています。
出来るだけ 仕事を しましょう。
天気が 悪いだけ 夜明けが 遅いです。
5時半を過ぎて 明るくなって来ました。
金木橋下の 通路について
市職員との 話し合いを 持ちました。
金田用水が通っていますが 狭い ボックスカルバートの中を通ってきます。
金木橋を新築するにあたり 用水だけ 通れば いいですよね。
と 地元に相談をしました。と
でも 畔戸の方々には 説明が無かったようです。
地籍の地元は 用水は使いません。
それどころか 従前は 畔戸と中野を繋ぐ 道路がありました。
道路をなくして 誰の為の 区画整理なのかな。
「新しく 金田4号線を造ったので・・・」そちらを 通れと
・・・コストコの為に 畔戸からは 渋滞
従前の 土手下 道路が あれば 簡単に 中野に 抜けられるのにね。
どうして われわれだけが 不便になるのでしょう。
| - | 21:01 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
天気図

海苔養殖は 防魚網を 張って 魚に海苔が食べられないようにして 初めて採れます。
この メカニズム(?)を知るまでに 数年かかりました。
数年前まで なんで 海苔が みじかくなってしまうのだろう。と 考えていました。
県の機関は 「バリカン症」と名づけたり 鴨が 食べるんだよといったり していましたが なぜか釈然としませんでした。
・・・バリカン症は 何処から切れるんだろう。
・・・顕微鏡で観ると 亀裂が あるでしょう
・・・そうかな
「死ぬまでに 原因を知りたいな。」とかねてから 言っていましたが これで 大体 食害ということが わかりました。
写真の魚は 不幸にも 網に掛かってしまったのですが この魚たちは 海苔を食べません。
かわいそうです。
コノシロという魚で 小さいうちは「シンコ」と呼ばれて 小さいものを〆て 1貫に 2〜3匹乗ると 美味しい寿司になります
ということで 今日は 漁師の日記みたいな 記事になってしまいましたが もう一つ
NHKの夜7時前の天気予報で 天気図を出さなくなりました。
メールで NHKに 苦情を 言ったのですけど 対応をしてくれるのでしょうかね。
「民放のように 明日の 洗濯指数とか 着るものの予報なんていらないから 天気図の1カットでも映してくれ。漁師は 命がかかっているのです。」と
まだ 返信は 来ません。
| - | 21:00 | comments(3) | - | ↑PAGE TOP
福島の水

シャコバサボテンが 満開になりました。
寒くなってから 咲く花なんですね。
おととい 橋下氏が コメンテーターとして TVで 福島の 原子炉の冷却に使った保管水について コメントしてましたね。
「東京湾にも 大阪湾にも 流せばいい。」
まったく 無責任にもほどが ありますね。
ご自身が どんなに立派な人なのか 私には わかりませんし 今は政治家ではないので 何を言っても許されるのかな。
身近でも 海に関係の無い 千葉県の人も 同じことを 言っていましたね。
では 福島から 東京湾に どのように運ぶのでしょうかね。
東京湾の漁師は アサリやバカ貝は 1粒も採れませんし カレイは 全くいなくなり 海苔は食害で 全く駄目
こんな状況を 知っているのでしょうか?
うがった考えは 知っているけど 代償でも貰えば言いと思っているのでしょうかね。 
運送法としては タンカーに積んで 太平洋を回って 東京湾に向かうわけです。
であれば 200海里の外に 排出すればいいと 思いますけど。
何処の国でも この 放射線物質は 含んだまま 排水されていると 聞いています。
一度 直接 会ってみたいですね。
| - | 21:02 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
生活圏

駆け足で 秋がやって来ました。
むしろ 冬支度といったほうが いいのかな。
袖ヶ浦の市議は改選されて 今日 私の応援していた方が 来てくれました。
今 知ったのですが 当選されてから 大変だった そうで。
帰られてから ブログを見て 申し訳ないですね。
彼女とは セットで 選挙の 応援をしたり されたりをしています。
隣同士 行政境は意味がなく 行ったり来たりしている 距離の近さがあります。
同一生活圏であって 「ここから 袖ヶ浦 ここから 金田」なんて 誰も気に止めず 生活しています。
一緒にできることから はじめましょう。
というより もう 水道事業や 火葬場 そして ゴミなどは すでに一緒にやっています。
これからも 1歩1歩 進みましょうね。
| - | 19:05 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP