斉藤たかねのチャレンジ日誌



漁師の斉藤たかねが議員生活を送っています。住んでいて誇れる街つくりをしてゆきます。
また 写真家 斉藤たかねもよろしく
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
船が出ない

 

「出航できない」という話が 朝から 飛び込んできました。

なるほど

 

悠長なことを言っている場合ではありません。

漁組から 電話は来ますが どうしたらいいのでしょうか。
「要望があれば 行政に伝えます。」
「なんとか いい方法を 教えろ!」
「拾うか 時間が経つのを 待つか。」
お金でなく これから 海苔養殖も始まります。
とりあえず このごみの海では 海苔網を出すことは 無謀でしょう。
消極的ですが 時間の経過を 見たいと思います。
「時間が 無いんだよ!」
・・・我が家も 海苔養殖をしているので 本当に 私が 言いたいせりふです。
| - | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
爽やかでない朝

まんじりとしない 朝を迎えました。
家は 前回のように 壊れずに ほっとしました。
ビニールハウスも 持ちこたえました。
市原の竜巻の被害者は なんと 関係のあるお家でありました。お見舞いを申し上げます。
昨夜から 川の決壊 越水 などが 続々と伝えられます。
千葉よりも かなり雨は降ったようです。
千葉は 高い山が 無いので 雲が 発達しないので 滅多に 大雨は降りません。
ただ 木更津での 時間降雨量100ミリは 2回ぐらいありますね。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
そして 海は 写真のよう
東京湾に 流れ込みます。
圧倒的に 竹類 葦類が 多いですけど
ペットボトル 発泡スチロールは 多いですね。
この海 どうします。
| - | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
来ましたね

予報どおりの進路で 午後7時まえに 伊豆半島に上陸しましたね。
私たちの 想定は 千葉県の東にそれれば 良かったのですが残念ながら 西にそれましたね。
思ったより 千葉県は 雨が降らず 良かったですね。
でも 小櫃川は このように かなり 出ています。
風が心配ですが どのくらい 強くなるのでしょうかね。
交流センターに避難している人は 約180名ほど
急遽 金田中学校にも 避難所を設けたのですが すでに 50名ほど
我が家にも3名ほど
やはり 15号が よほど 怖かったのでしょうね。
平穏に過ぎてください
| - | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
台風近し

栗の木に 絡まった カラスウリです。
いつの間にか 赤くなりましたね。
今日の市営駐車場は 入り口で 順番待ちの列でした。
私も 5階でなく 屋上に車を停めました。
こんな 満車状態は珍しいですね。
その前に ホームセンターに行きました。
9時に行ったのですが 大勢の買い物客で ごった返していました。
お盆でも正月でも こんなには 混雑しませんね。
私を知っている人が 「養生テープは売ってないですね。」
多くが あっという間に 売り切れだそうです。
補強のための 釘を買いに行ったのですが すごく 時間がかかりました。
| - | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
現代

私は 観覧車の手前にある お寺の 総代であります。
何年か前に 観覧車が出来て こんな 風景になりました。
今日は 十夜の打ち合わせです。
途中 地元の ガソリンスタンドに立ち寄り 給油
地元の車と 友人の車 そして 白いノースリーブのサングラスのお姉さんが 運転している オープンカー
が すでにいました。
・・・・3台もいる。珍しく 混んでいるな。
給油を終え 中畑線へ
スタンドが2軒あるのですが 1軒は 入り口で 係員が 給油待ちの車を 誘導しています。 
反対側のスタンドには 入りきれない給油待ちの車が 1車線塞いで 1キロほど 繋がっていました。
| - | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
善意?と本当の善意

♪あ〜たまを雲の〜上に出し〜♪

今日は 思いもよらない出来事が 2つ
前兆は 朝の散歩でした。時化でしたから ラブちゃんとのんびり散歩していると 同級生が 屋根の上に乗って
垂木を打ちつけていました。
「落ちるなよ。誰か 頼めよ。」
「いやな 復旧詐欺が流行っているじゃないか。自分でやるよ。」
家に帰ると 見知らぬ人が来ていました。
「祠の 瓦が飛んでいますね。直しましょうよ。」
「・・・・・」
・・・・本当に
夕方 予定の来客でありましたが 相談かと思えば
ありがとうございます。
| - | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
基地政策特別委員会

ニュースで 栗が不作とやっていました。
このいがぐりは 実が 小さいです。
実る前に 台風15号で 落とされて 道端に 落ちていたものを 拾いました。
拾ったときは まだ 緑色していましたが  すっかりと 枯れてしまいました。
そして また 台風が 来ます。
前触れが すごくて 今日時点では 15号と同じコースを示しています。
今日は 委員会がありますが その前に 筏を 全て 陸に上げてきました。
そして委員会が 始まりましたが 「木更津市をどうしようと」考えているのでしょうか。
意見は 自由ですが 
結局は 議員間討議の様相で 自分の考えだけでなく 市民は どうしたら よくなるの
市民ファースト
で 
| - | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
これで 一年

台風15号の 後片付けをしました。
まだ 瓦も無ければ シャッターも壊れたまま。
コンパネを 買いに ホームセンターへ
コンパネ2枚は ちょっと 重いですね。
悪戦苦闘していると 急に 軽くなりました。
片方を 私と同じくらいの歳の方が 支えてくださっていました。
「ありがとうございます。」
私を知ってのことか知らないままなのか よくわかりませんが 私の知らない方のようでした。
手を貸していただいて ありがとうございます。
ちょっと 気分がいいですね。
写真は サボテンの「金鯱」の種をまいてから 1年
ようやく このくらいになりました。
この 仔たちが 花をつける頃には 私は この世に いないのです。
なんせ 40年ぐらいかかりますから。
| - | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
り災証明

写真は コストコ用地
草刈り そして 基礎作りが 始まったようです。
日曜日ではありますが り災証明書を いただきに行きました。
朝日庁舎にです。
おととい 農協の要望書を提出させていただいたのですが ビニールハウスの倒壊復旧の件は 事業であるから人的支援は どうなのかという 答弁が その場で ありました。
高齢の夫婦の お米用のビニールハウスの倒壊は 非常に 復旧に困難をきたします。
否定するのでなく なにか 支援が出来ないかでありますから いい案が 無いものなのか。
私は 今回は 御願いする立場でありますから 静かにしていようと考えていました。
しかし
「木更津市は ワンストップサービスを 売りにしていましたが り災証明は 住宅は 朝日庁舎、 農業用は 駅前庁舎と
区別されていて 農業者にとっては 不便でなりません。」と 言いました。
今日
朝日庁舎に出向くと
「お宅さんは 住家と 漁業用の 2つが 申請されますね。」ということです。
「じゃあ 漁業用は 駅前でしょうか?」というと
「いえ 昨日から こちら朝日庁舎でも 農漁業用の り災証明を 出すことになりました。」
と 早速 対応してくれたようです。
・・・・・私が言ったからなのかな・・・・・
| - | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
助けて!

夜になり ちょっと穏やかになりましたね。
木更津市農協の要望書を市役所に提出し 帰り際のことです。
木更津駅に設置されたエレベーターに閉じ込められたトラブルが発生しているところに 通りかかったのです。
エレベーターの中からなにか言っているようでした。
駆けつけていたJRの職員の方がそれを近寄って聞いて 振り向きざまに
「この中で 斉藤さんって方 いますか?」
「ああ 私は 斉藤です。」
「閉じ込められた人が 呼んでます。」
近寄ると「高根!何とかしろ!」
「あたしだよ!」
久し振りに ガラス越しで 一瞬 誰かわからなかったですが すぐに わかりました。
「久し振り!」
「そんなこと言っている 場合じゃない!」
ほどなく エレベーターの会社が 駆けつけ 事なきを得ました。
| - | 21:08 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP